渡辺千昭.psd

大学卒業後デザイン学校などでグラフィックデザインを学ぶ。
1967年より写真の道に入り、各地の山々を取材、雑誌、新聞など刊行物に写真作品、記事などを発表。
地方自治体、新聞社、NHK文化センターなどの写真教室講師、各社写真コンクール審査員としも活動。
撮影エリアは、チペット天山、アルタイ長白山他中国大陸各地の秘境から、国内の丹沢など身近な山々までを対象とし、多角的な視点で写材を捉え創作活動をしている。
個展の他国内外の合同展、招待展など。著書は「奥秩父山行」、「丹沢」、「丹沢四季行」、「箱根四季行」、「シャングリラ」「奥秩父行」「丹沢山塊」「奥多摩」「秩父、多摩、大菩薩」、他著書、編集、共集多数。
日本山岳写真集団(プロ作家集団)代表 ㈳日本写真家協会会員、日本中国文化交流会員

渡辺 千昭